グループディスカッションの目的とは??

多くの就活生にとって、グループディスカッションは苦手分野かもしれません。
面接ではうまくアピールできるけど、グループディスカッションになると委縮してしまう方も多いのではないでしょうか?

では、なぜグループディスカッションを行うのか? それは、「グループにおいて貢献する力」と「個人能力」をテストするためです。

「グループにおいて貢献する力」とは、チームが成果を出すために、チームの生産性を最大化するための能力を意味します。
他者の力を引き出す、他者の意見をキャッチアップして反映させる、周囲が発言しやすい空気を作り出すなど、ムードメーカー的な役割も評価の対象となります。

一方で、「個人能力」とは、問題解決に向けててロジカルな考え方ができる、周囲を納得させることのできる固有のアイディアを持っている、説得力のある言い回しができるなど、発言の質が問われます。

業界によって、問われる能力は様々ですが、「対チームの貢献方法」と「個人能力の見せ方」を把握しておけば、ほとんどのグループディスカッションは通過できると考えられます。

グループディスカッションを突破するために必要なこと

グループディスカッションは、ただ回数を重ねれば突破できるものではありません。
突破するための「知識」と「コツ」が必要となります。

また、ほとんどの就活生はグループディスカッションの対策を軽視しているので、正しい「知識」と「コツ」を理解しておけば、周囲と圧倒的に差をつけることができます。

グループディスカッションは、ほとんどの場合「お題」が与えられ、最後に「回答・結果」を発表することになります。
「お題」から「回答を出す」までのプロセスをきちんと理解しておけば、周囲の議論がずれた時でも、正しく軌道修正ができるようになります。

そして、この知識は社会人になってからも、社内会議や社外打ち合わせの場面で有効活用することができます。

体験型グループディスカッション対策セミナー開催

今回、グループディスカッションに自信がない就活生、グループディスカッションのスキルアップを考える就活生へ向けて、「体験型グループディスカッションセミナー」を実施します。
当日は、元上場企業社員を講師に迎えて、以下のポイントについて徹底解説します。

・グループディスカッションで絶対に抑えておくべきポイント
・グループディスカッションで取るべき役割とそれぞれの対応方法
・グループディスカッションのNG行為
・グループディスカッションで加点を出すためのテクニック

当日は、過去に企業の選考で実際に使われたグループディスカッションテーマを用いながら講習を受けられるので、本番で活かせる内容となっています。

セミナー会場詳細

・対象: 2019年卒業見込みの学生(専門、短大、大学、大学院、その他)

・持ち物: 筆記用具

・服装: 自由(私服で大丈夫です)

・費用: 無料

・日時:
12月20日(水) 17:00~18:30

・アクセス:
東京都千代田区九段北1-12-30矢野ビル5F(株式会社人材ドラフト)
各線「九段下駅」より徒歩5分

・主催企業:株式会社人材ドラフト

・連絡先:03-5210-4855(担当:新卒事業部)

・注意事項
イベント中の録音、録画は禁止です。
イベント中での盗難、参加者同士のトラブルについては責任を負いかねます。
会場の物品が、参加者が原因で壊された場合、弁償いただきます。

グループディスカッション対策セミナーの参加ご予約はこちらから!

グループディスカッションがきっと面白くなる!是非ご参加ください!

個人情報取り扱いと利用規約に同意が必要です。

ご記入いただいた情報は当社及び本イベント主催企業・協力企業へ提供されます。